育児中の食事の悩み

【超簡単】育児中にご飯が作れない時の解決方法7選!ワンオペ育児ママ必見

本ページはプロモーション(広告)が含まれています

この記事では、育児中にご飯が作れない時の解決方法を7つ紹介しています。

育児中にご飯を作る際、あなたにはこんなお悩みはないでしょうか?

  • 子供のご飯と大人のご飯を分けて作るのが大変
  • ワンオペ育児で忙しくてご飯を作る時間がない
  • 外食や惣菜ばかりだと子供の栄養が気になる
  • そもそも料理が苦手で時短料理なんてできない
  • 料理を作ろうとすると子供にギャン泣きされてしまう

ワンオペ育児で一番大変に感じるのは「食事作り」というママさんも多いはず。

そこで今回は、実際に子育てしながら家族の食事を毎日作っている私が、育児中にご飯が作れない問題を超簡単に解決できる方法についてまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめの解決方法をすぐに見る!

育児中にご飯が作れない時に知っておきたい3つの事!

1、手作りじゃなくても罪悪感を感じる必要はない!

ママと子供のイメージ

育児中にご飯を手作りできない事は悪い事ではありません

ご飯作りで「うまく手を抜く」もしくは「作らない」という選択の中にも、栄養のあるご飯を用意できる方法は沢山あります。

育児は長期戦なので、ママさんの負担にならない選択をする事も大切です。ご飯作りが辛い時はコストよりも便利な物に頼って良いんです!

2、他のママと自分を比べる必要はない!

スマホを見る女性
他のママとあなたとでは状況が違うので、比較して辛くなる必要はありません

特にネットやSNSには、手作り料理の写真を載せているママさんも多いと思います。ですが、あなたとは子育ての環境が違うので、それと比較しても何の意味もありません。

他のママよりもご自身のお子さんに目を向けましょう。

3、ご飯作りの負担軽減は子供と穏やかに過ごす為に必要!

ママと子供が穏やかに過ごすイメージ
ご飯作りの負担を減らす事は、子供と穏やかに過ごす時間の確保に繋がります

ママさんがワンオペでご飯作りを頑張るのはとても立派な事です。ですが、調理中に子供が泣き出したり、ママと遊びたがったりして、スムーズにご飯を作れずイライラしてしまう事もあるでしょう。

ママがイライラしている状況は育児環境として良くないですし、ママさん自身もきっと疲れてしまうはずです。

そんな時には、多少お金がかかったとしてもご飯作りの負担を減らせる方法を検討してみましょう。子供と過ごす時間を大切にする為に使うお金は必要経費です。

【超簡単】育児中にご飯が作れない時の解決方法7選!

1.日持ちする食品を常備する
日持ちする食品のイメージ
冷凍食品、レトルト、栄養価の高いふりかけなど、すぐに食べられる物をストックしておく。夫が休みの日や時間がある時には、具沢山の味噌汁や惣菜等をたくさん作り置きしておく。
2.食材宅配を利用する
食材宅配のイメージ
ネットスーパーや宅配ミールキット、生協などを利用する。
3.他の人にご飯を作って貰う
他の人にご飯を作って貰うイメージ
夫や祖父母、家事代行業者などにご飯を作って貰う。
4.フードデリバリーを使う
フードデリバリーのイメージ
ウーバーイーツや飲食店の出前サービス等を利用する。
5.時短調理家電を使う
時短調理家電のイメージ
電子レンジ、オーブンレンジ、ノンフライヤー、電気圧力鍋など。事前に簡単レシピを調べておく事も大切。
6.テイクアウトを利用する
テイクアウトのイメージ
飲食店やスーパー等で食事を買って家で食べる。
7.外食をする
外食のイメージ
子供を連れて飲食店に行く。1歳未満~前後くらいの赤ちゃんを連れて行く場合は座敷があるお店がおすすめ。

上表は、育児中にご飯が作れない時の解決方法7つを「栄養バランスの良さ」「コストの低さ」「ママの負担の少なさ」等を考慮し、おすすめ順に簡単にまとめたものになります。

各項目をクリックすると詳しく解説している所に飛べるようになっていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

当記事の評価基準について

当記事では、下記の3つの評価項目に対して独自に採点を行い、平均値を算出する事により総合評価値を決定しています。

評価項目
  1. 栄養バランスの良さ
  2. コストの低さ
  3. ママの負担の少なさ

解決方法①:日持ちする食品を常備する!

日持ちする食品のイメージ
総合評価 4.6
栄養バランスの良さ 4.5
コストの低さ 5.0
ママの負担の少なさ 4.0
日持ちする食品の具体例
  • 冷凍食品
  • レトルト食品
  • 栄養価の高いふりかけ
  • 具沢山の味噌汁や惣菜の作り置き

など

日持ち食品を常備するメリットとデメリット
メリット デメリット
●いつでも温めるだけで食べられる
●簡単にアレンジ調理がしやすい
●コストを安く抑えられる
●栄養バランスも調整しやすい
●作り置きはその分を作る時間が必要
●家族が多いと作り置き分を作るのも大変

日持ちする食品を常備する事は、最もコストを抑えられる方法になります。

ただし、作り置きを用意する場合には、どこかでそのための時間を確保しなければなりません。旦那さんや祖父母に子供の面倒を見ていてもらう等の協力が必要です。

他の人の協力を得るのが難しい場合には、いつでも温めるだけですぐに食べられる冷凍食品やレトルト食品などを常備しておくのがおすすめです。

特に冷凍食品を購入する際には、幼児食に特化した宅配サービスを利用する手もあります。ほとんどの幼児食宅配サービスではメニュー開発に管理栄養士が携わっているので、栄養面での心配がない点もおすすめのポイントです。

離乳食期のお子さんがいる場合には、離乳食宅配サービスもあります。また、大人の食事から離乳食を取り分けられるサービス等もありますので、是非ご自身の状況に合った物を検討してみて下さい。

月齢別の離乳食宅配
初期
(5~6ヶ月)
中期
(7~8ヶ月)
後期
(9~11ヶ月)
完了期
(12~18ヶ月)

解決方法②:食材宅配を利用する!

食材宅配のイメージ
総合評価 4.0
栄養バランスの良さ 5.0
コストの低さ 4.0
ママの負担の少なさ 3.0
食材宅配の具体例
  • ネットスーパー
  • 宅配ミールキット
  • 生協

など

食材宅配のメリットとデメリット
メリット デメリット
●ミールキットなら時短調理が可能
●買い物に行く手間を省ける
●ネットで簡単に注文できる
●手作り料理を子供に食べさせられる
●食材から調理する手間がある
●お店で買うよりも割高

食材宅配を利用すると、お店に買い物に行く手間を省けるので、その分時間的な余裕を確保する事ができます。

ただし、食材宅配は食材から調理する手間がある点には留意が必要です。

もし、「できるだけ簡単調理で手作り感を出したい」という場合には、宅配ミールキットを利用されるのがおすすめです。宅配ミールキットなら、10~15分程度で食事を作れる段取りになっている物が多く、中にはほとんど包丁を使わずに調理できる物もあります。

また、幼児食に特化した宅配ミールキットもあります(これです⇒PAKUMOGU(パクモグ)」)ので、お子さんの年齢に合わせて検討してみると良いでしょう。

解決方法③:他の人にご飯を作って貰う!

他の人にご飯を作って貰うイメージ
総合評価 4.0
栄養バランスの良さ 4.0
※ご飯を作る人による
コストの低さ 3.0
※家事代行業者の場合はコストがかかる
ママの負担の少なさ 5.0
ご飯作りを頼める人の具体例
  • 夫や祖父母
  • 家事代行業者

など

他人にご飯作りを頼むメリットとデメリット
メリット デメリット
●自分でご飯を作らなくて良いので楽
●自分では作れないご飯を作って貰える事も
●調理時間を子供と過ごす時間に充てられる
●家事代行業者に頼むとお金がかかる
●夫や祖父母はいつでも頼める訳ではない

ご飯を他の人に作って貰えるなら、ママさんは調理の時間を子供と過ごす時間に充てられます

ただし、夫や祖父母などの身近な人にはいつでも頼めるとは限りませんし、家事代行業者に頼むと1時間あたり1,500円~4,000円程のお金がかかってしまいます。

また、ご飯の栄養バランスは作る人に左右されてしまう点にも留意が必要です。夫や祖父母に頼む場合には、栄養バランスまで考慮されたご飯を作って貰えるとは限りませんよね。

栄養面が気になる場合には、家事代行業者に頼んだ方が良いかもしれません。「CaSy(カジー)」という家事代行業者だと、栄養バランスの取れたご飯作りを依頼する事ができます。

いずれにしても、ご飯作りを他の人に頼めるとママさんの負担をかなり軽減できるはずです。なので、他の人に頼れる時はしっかり頼るようにしましょう。

解決方法④:フードデリバリーを使う!

フードデリバリーのイメージ
総合評価 3.7
栄養バランスの良さ 3.0
※注文する食事による
コストの低さ 3.0
ママの負担の少なさ 5.0
フードデリバリーの具体例
  • ウーバーイーツ
  • 出前館
  • 飲食店の出前サービス

など

フードデリバリーのメリットとデメリット
メリット デメリット
●ご飯を作らなくて良いので楽
●好きな食事を注文できる
●後片付けの手間もない
●栄養バランスが偏りがち
●自炊よりも費用がかかる
●地域によっては利用できない場合がある

フードデリバリーとは、注文すればすぐに出来立てのご飯を自宅に届けてくれるサービスです。何でも好きな食事を注文できますし、何よりママさんにとってはご飯を作らなくて良いというメリットがあります。

ただし、フードデリバリーで好きな物ばかり注文してしまうと栄養バランスが偏りがちになってしまいます。また、自炊するよりも費用がかかってしまう点にも留意が必要です。

それにフードデリバリーのサービス自体が地域によっては対応していなかったり、出前を行っている飲食店が少なかったりする場合もあります。

なので、毎日利用する事はあまりおすすめできませんが、どうしてもご飯を作るのが大変な時は利用するのも良いでしょう。

解決方法⑤:時短調理家電を使う!

時短調理家電のイメージ
総合評価 3.3
栄養バランスの良さ 4.0
※献立次第
コストの低さ 2.0
ママの負担の少なさ 4.0
時短調理家電の具体例
  • 電子レンジ
  • オーブンレンジ
  • ノンフライヤー
  • 電気圧力鍋

など

時短調理家電を使うメリットとデメリット
メリット デメリット
●調理時間を大幅に短縮できる
●調理中台所に居なくても良い
●料理が苦手でも簡単に美味しくできる
●家電の価格が高い
●食材の買い出しや下準備の手間がある

時短調理家電は、初期投資の費用はかかりますが、調理時間を大幅に短縮する事ができます。

食材の下準備だけ行えば、あとは調理家電が自動モードで全部やってくれます。なので、調理中台所に居なくても良い点は最大のメリットと言えるでしょう。手作り料理を作りながら、子供との時間も確保できます。

ただ、栄養バランスに関してはレシピに左右されてしまうので、その辺りはご自身で何を作るか判断する必要があります。

そうは言っても、家電調理なら誰でも同じクオリティで料理を作れるので、特に料理が苦手な人にはおすすめです。

解決方法⑥:テイクアウトを利用する!

テイクアウトのイメージ
総合評価 3.3
栄養バランスの良さ 3.0
※テイクアウトするご飯にもよる
コストの低さ 3.0
ママの負担の少なさ 4.0
テイクアウトの具体例
  • 飲食店の食事をお持ち帰りする
  • スーパー等で惣菜を買って家で食べる

など

テイクアウトのメリットとデメリット
メリット デメリット
●好きなご飯を選べる
●ご飯を自分で作らなくて良い
●後片付けはゴミを捨てるだけ
●子供を連れて外出しなければならない
●自炊より費用がかかる
●栄養バランスが偏りがち

テイクアウトとは、飲食店のご飯を持ち帰って自宅などで食べる方法です。ママさんはご飯を作らなくて良いので、調理の負担を無くす事ができます

ただし、好きなご飯を選べる反面、栄養が偏りがちになりますし、自炊よりも費用がかかってしまいます。

また、何より子供を連れて外出しなければなりません。ママさんにとっては子供を連れて家の外に出る事も容易ではないはずです。なので、テイクアウトを利用するなら、用事があって外出する時についでに利用されるのがおすすめです。

解決方法⑦:外食をする!

外食のイメージ
総合評価 3.2
栄養バランスの良さ 3.0
※注文するご飯にもよる
コストの低さ 2.5
ママの負担の少なさ 4.0
外食の具体例
  • ファミリーレストラン
  • 商業施設のフードコート
  • 中華料理店

など

外食のメリットとデメリット
メリット デメリット
●ご飯を作らなくて良い
●好きなご飯を選べる
●後始末の手間もなし
●自炊より費用が掛かる
●栄養バランスが偏りがち
●子供を連れて外出しなければならない

外食では、家で作るには準備や後片付けに手間がかかるような手の込んだご飯でも、気兼ねなく楽しむ事ができます

ただし、デメリットとして、自炊より費用がかかる点や栄養バランスが偏りやすい点、子供を連れて外に出る負担が発生する点などが挙げられます。

なので、毎日子供を連れて外食に行く事はあまり現実的ではないですが、どこかにお出かけした時にたまに利用するのは良いでしょう。

なお、特に1歳未満~前後くらいの赤ちゃんを連れて外食する場合には、座敷があるお店がおすすめです。座敷だと半個室のような座席になっているお店も多いですし、靴を脱いでの団らんになるのでリラックスできます。

また、子供も動きやすいですし、もし子供が眠くなったら横に寝かしておけるのも便利です。

お子さんが椅子にいい子に座っていられるなら、座敷でなくても大丈夫でしょう。

迷ったら冷凍幼児食宅配サービスがおすすめ!

キッズレーション
冷凍幼児食宅配を勧める3つの理由
  1. 管理栄養士によって栄養バランスが整えられている
  2. 幼児の年齢に適した食事を購入できる
  3. 調理や食材を買いに行く手間を省ける

ここまで育児中にご飯が作れない時の解決方法7つ紹介してきましたが、どれが良いか迷ったら冷凍幼児食宅配サービスを検討してみるのがおすすめです。

冷凍幼児食宅配サービスなら、自宅に幼児食を届けてくれるので、調理や食材を買いに行く手間を省く事ができます。また、冷凍食なので、長期保存が可能で、電子レンジで温めるだけでいつでもすぐに用意できる点も便利なポイントです。

栄養面においても、基本的に管理栄養士によってバランスが整えられていますので、偏りを気にせず安心して与える事ができます。

ちなみに、育児中にご飯が作れないママさんには、「キッズレーション」がおすすめです。なぜなら、保育園の管理栄養士がメニュー開発に携わっており、安心安全で美味しい保育園給食レベルの幼児食を宅配してくれるからです。

また、1食あたり5種類以上の野菜が入っているので、野菜が嫌いでなかなか食べてくれないお子さんの食事にもおすすめですよ^^

\全額返金保証付き!/
キッズレーションの公式サイトを見る

大人も子供と一緒に食べられる宅食サービスなら「つくりおき.jp」がおすすめ!

つくりおき.jpの特徴
  1. 週替わりメニューで色んな食事が楽しめる
  2. 4人前×数食分の出来立てが週一回冷蔵で届く
  3. 数分レンジで温めるだけですぐに食べられる
  4. 管理栄養士監修のレシピで栄養面でも安心
  5. LINE上でいつでも注文・休会・解約が可能
  6. 1人前あたり749円(税込)~食べられる

宅食サービスを利用して大人も子供と一緒に同じ食事を食べたいなら「つくりおき.jp」がおすすめです。なぜなら、「つくりおき.jp」なら、あらかじめ大人2人と子供2人の合計4人家族で食べる事を想定した食事を宅配してくれるからです。

食事は週一回、出来立てが冷蔵で届きます。なので、食べたい時に電子レンジで数分温めるだけですぐに食べられます。

また、メニューは週替わりなので、毎回飽きずに食事を楽しめます。それにレシピは管理栄養士が監修しているので、栄養面も安心です。

ただし、提供エリアが限られているので、下記の地域にお住まいでない方はサービス開始まで利用できない点には注意しましょう。(現在、対応エリアは順次拡大中です)

対応エリア

東北地方:岩手県、宮城県、山形県、福島県
関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
中部地方:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
関西地方:三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県
※離島など、一部地域除く
※2024年5月時点

手続きはLINE上でいつでも注文・休会・解約が可能です。手軽に利用できますので、大人も子供と同じ食事を一緒に楽しみたい方はぜひ検討してみて下さい^^

\送料はいつでも無料!/
つくりおき.jpの公式サイトへ

おすすめの解決方法をもう一度見る!